レビュー」カテゴリーアーカイブ

4Kディスプレイ GIGABYTE M28U を買って10日ほど使ってみた

PS5を購入できたこともあり、前々から4Kのディスプレイが欲しかったのだけど、求めてるスペックを満たすものがなかったので様子見していた……ところにたまたま GIGABYTE M28U(公式サイト)という製品が発売されたのを見かけ、そのスペックがかなり理想的だったので半ば衝動的に買ってしまった。そのレビューです。

M28U のスペックと求めていた条件

スペックについては価格.comあたりを参照するとわかりやすい。以下は選んだ理由に直結したスペックを記載。

4K 120Hz HDMI2.1 対応

どうせなら PS5 の機能を最大限引き出せるスペックが欲しかったので、ここはマスト。ただ、現時点ではPS5でも4K 120Hzで動くソフトはあまりない。あくまで将来的なソフトの充実に期待して、その時にまたディスプレイを買い替えたりはしたくなかった。

28インチ

PS5をはじめとしてゲームで遊ぶだけなら、リビングにでも大きなディスプレイorテレビを置くのも選択肢に入るのだけど、自室にゲーム兼PC用のディスプレイとして設置したかった。むしろPC用として使う時間の方が長い。ので、あまり大きなディスプレイは使いにくそうだし、30インチ前後がいいなと思っていた。

できれば32インチ程度が欲しかったのだけど、32インチかつ4K 120Hz HDMI2.1 対応というディスプレイは本当に全然なくて、知っている限りでは未発売のROG Swift PG32UQくらい。本当はこれを待っていたんだけど、なかなか情報が出ず、結局28インチでもまあいいかなとM28Uにした。

DisplayPort×1 + HDMI×2 + USB-C×1

入力は現在DPにプライベートのデスクトップPC、HDMIにPS5とSwitch、USB-Cに会社用ノートという感じでフルに使っている。デスクに色々と集約してる人には最低限の入力ポートはあると思う。また、USB-C は電源供給も可能。ただし、あまり電力は強くないようで、開発でごりごりビルドする会社ノートPCではじわじわバッテリーが減っていくので、ACを抜くとそういう用途では少し厳しそう。

88,800円(Amazon)

参考記事 PS5/Xboxにマッチする、HDMI2.1対応ゲーミングモニターの選び方 によると、競合となる製品はだいたい10万円かそれを少し超える程度。価格にそんなにこだわりはなかったものの、他と比べて高くはない。現在はAmazonでは別の出品者から買うことになっていて、だいぶ値上がりしているので注意。価格.comの最安値も1万円程度上がっているので、買うタイミングは見極めた方がいいと思われる。

使ってみた

PS5をやってみた

無料で 4K 120Hz 対応を試せるのが Fortnite くらい(やったことない)だったので試してみて、まあ綺麗だとは思うけど感動するほどかというとそうでもない。28インチはやはり若干小さいのかもしれない。やりこんでないので当然120Hzの恩恵もわからんし、FPSやるならそもそも4Kじゃなく湾曲ワイドとかが宣伝されてるのをよく見かけるので、やはり対応ソフトがもっと出揃ってからかな。

PC(Windows)に繋いでみた

デフォルトだと解像度が150%に拡大されていて、これだとあまり4Kディスプレイでデスクトップが広くなった感じがしない。100%にすると広くはなるがめちゃくちゃ字が細かくなってしまう。

たぶん125%くらいが落としどころだとは思うし、会社用PCは125%で使っているけど、デスクトップPCの方は意地で100%で使っている。画面に広げておきたいのはだいたいChromeなので、デフォルトのズームを150%にすることでTweetDeck用、Discord用、はてブとかInoreaderを回遊する用、みたいに画面を三分割して使っている。Windows の基本機能をカスタムできる Power Toys というアプリに Fancy Zones というウィンドウを所定の位置に調整しやすく出来る機能があるので、これを使っている。

フォントサイズを大きく出来ないアプリに関しては、キーボードの Win と + を同時押しするとWindows10のデフォルト機能で拡大鏡が起動するので、これで見たりする。ただやっぱり100%表示では色々ときついので、PCで使う際は諦めて大きくした方がいい。

KVM 機能が便利

KVMとはGIGABYTEのディスプレイで利用できる機能で、ディスプレイにキーボードやマウスなどを繋いでおくと、2台のPC間を背面ボタンひとつで切り替えられる。まあUSBのswitcherとかを別途用意すれば(実際M28Uを買うまではそうしていた)ディスプレイ側でやる必要は別にないのだけど、入力ソースも併せて変更できるので便利になった。

PIP 機能が便利

いわゆるピクチャーインピクチャ(P in P)と呼ばれるやつで、要するに子画面を表示できる機能。マルチディスプレイから1枚の大きなディスプレイに移行すると、PCとゲームの両立ができなくなるデメリットがあるのだけど、PIPを使えば画面の大部分をPCで使い、四隅の一部にゲームを表示したりできる。SwitchくらいならPIPの子画面でも十分にプレイできるので、前述のFancy ZonesでPIP表示領域を避けてウインドウを配置しておくと使いやすい。

OSD Sidekick が便利

PCに OSD Sidekick というGIGABYTE製のソフトをインストールすることで、ディスプレイの操作をPCから行えるようになる。KVMとかPIPの操作もできるので、わざわざディスプレイの物理的なスイッチを触る必要がなく、マウスやキーボードでディスプレイの設定を変えることができる。

スピーカーが残念

残念ポイントその1。第一印象からもう全くダメ。外部のスピーカーに繋ぐのはほぼ必須と思われる。

手元に手頃なスピーカーがなかったので適当に探してScomoonというよく知らないサウンドバーを購入した。これはまあ安いなりに違和感なく聞けるレベルの音質で、そこそこ満足している。接続はオーディオミニプラグで、電源はUSBから取れる(USBから音声の入力はできない)ので、M28UのUSBポートに刺せるのでケーブルを長く取り廻す必要もない。音量調節のつまみもあるのと、ディスプレイ下のスタンド基部にぴったり置ける大きさなのでおすすめです(リンクはアフィリエイトです)。

正常に接続できない機器がある

残念ポイントその2。当初、HDMIのセレクタをかましたうえでJ:COMのBD-V302Jを繋ごうとしたのだけど、これが上手くいかない。画面が緑っぽくなったり、音が出なかったりする。セレクタをやめて直接繋いでもダメだったので、諦めてCATVは結局別のディスプレイに接続した。また、Amazon Fire Stick TV(第3世代)もHDMI 2.1オンの状態だと映りもせず、HDMI 2.1 をオフにするとPS5用に買った意味がないので結局これも諦めた。手持ちのケーブルが問題だったのかもしれないけど、原因はわからず。PS5とSwitchは直接繋いでちゃんと正常に表示されるので、それ以外の機器を使いたい方は何かしらの情報が出るのを待った方がいいかもしれない。

まとめ

以上は機能とかスペックを全て網羅していない個人の感想なので、参考程度に。ネットにはあまりレビューとか情報が出回っておらず、Asciiの4KでHDMI 2.1対応でPS5もOK! GIGABYTEの28型液晶「M28U」は万能選手だという記事が比較的詳細にレビューされている。

個人的には特にKVMとPIPの機能で満足してて、4Kだからよくなったという点がそんなにないのだけど(サブのディスプレイも結局用意してるし)、まあこれで今後PS5も活躍できるようになったかな……。同じようなデスク回りの人は、定価の在庫が復活したら検討してみてもいいんじゃないかなと思います。

HHKB Professional HYBRID Type-S レビュー

少し前に PFU HHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨を買った。調べてみたら5/16に届いたようなので、2ヶ月半ほど使用している。発売後すぐから気にはなっていたのだけど、価格(税込み35200円)をネックに感じて購入には至っていなかった。ただテレワークが始まって自宅での作業が増えたこともあり、ほぼ毎日仕事で使うのだからいいものを使いたいなと思って半ば衝動的にポチった。

持ち運びはせず、有線と無線を併用(最近はほぼ無線のみになった)して使った感想を書く。

HYBRID Type-S のいいところ

比較的静かなキータッチ

比較対象が以前使っていた HHKB Lite2 で、これがなかなかにカチャカチャうるさかったのだけど、Hybrid Type-S は小さめにシャカシャカと鳴る感じで、あまり音が気にならずにタイピングできると思う。ただめちゃくちゃ静かだよとは言いにくい。他の高級なキーボードを触ったことがあまりないので、どの程度静かだとよいのかわからないけど……。

有線/無線合わせて5つのデバイスとの接続を切り替えられる

無線の場合は数字キーを選択してペアリングすることで、4つまで接続先を保存できる。有線は USB Type-C で、無線と併用できる(たぶん)。ちょっと前までは両方使っていたのだが、最近無線だけで切り替えるコツを覚えてきたので、有線はやめることにした。机上のケーブルもほんのちょっとすっきりした。

キーマップを公式のツールで変更し、キーボード本体に保存できる

USB接続して公式ツールを使うと、わかりやすいUIでキーマップを変更できる。今はこんな感じに設定してある。

デフォルトの左Fnが押しづらいのと、無変換と間違えて左Altを押すことが多いので、それを防いでいる。一度変更すればキーボード本体に設定が保存されるので、わざわざ接続先ごとにソフトを入れなくていい。

HYBRID Type-S のわるいところ

無線接続時の挙動に癖がある

まず、ペアリングした状態でもしばらく入力がないと勝手に電源が落ちてしまう。電池の持ちを考えると仕方ないのかもしれないが、入力しようとしたときに反応がないのは結構ストレスになる。

—-
2020/10/29追記
ちゃんと調べたところ、この自動スリープ機能はdipスイッチを切り替えることでオフにできる。電池持ちは1週間程度? かなり短くなるものの、タイピングしようとした瞬間にスリープになっていてラグがある、というような事態は起こらなくなるので、個人的には常時ONになっている方が便利だと感じた。
—-

また、ペアリング先を切り替える時も接続に成功したかどうかがわかりにくい。具体的にはキーボード右上のLEDが青く光っていると接続先を探している状態で、点灯が消えると接続に成功したことになる。これも電池持ちへの配慮かわからないが、直感的とは言い難い。

ただ上記の挙動を理解しておけば、何が起こってるかは把握できるため、使っているうちに慣れてくる部分ではある。

数字キー、矢印キー回りを押し間違いやすい

これも慣れが関係してくることとは思うのだけど、数か月使ってもまだ慣れないというか距離感が掴めていない。アルファベットで打ち間違うことは少ないが、数字が1つずれたり、↑を押そうとして\を押してしまうなどは結構よくやってしまう。キーボード自体がかなりコンパクトに設計されているので、これに慣れるのはなかなか大変かもしれない。

USBハブ機能がない

HHKB Lite2 には USB のポートが2つ付いていて、そこにマウスのレシーバーを挿しておけばキーボードとマウスを一緒に別の端末に切り替えられるというメリットがあった。これは地味に便利だったのだけど、HYBRID Type-S ではなくなってしまった。マウスとキーボードの共有方法はいろんな選択肢があるが、現在はマウスはそれだけで USB 接続を切り替えられるスイッチを挟んで使っている。

まとめ

書いてみたら結構不満な点があったけど、全体的には満足して使っている。結構いい値段がするし、キーボードは好みが結構分かれるので安易に人に勧められるものではないのだけど、自作キーボードとまではいかないまでも良いキーボードを使いたい人とかにはいいかなと思う。

参考リンク

着実に進化した新型HHKB「HYBRID」 オタク視点でねっとりとレビューhttps://www.itmedia.co.jp/news/articles/2002/14/news037.html

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨https://www.pfu.fujitsu.com/direct/hhkb/detail_pd-kb820bs.html

Chromebook を買って奥さんに渡してみたまとめ

昨年末に Chromebook を購入して奥さんに渡して2週間くらい経ったので、感想をまとめてみたよ。

購入した Chromebook のスペック

今回購入したのはこれ。
Acer エイサー –
Chromebook C720/2
11.6型ワイド液晶/非光沢パネル/SSD16GB/メモリ4GB/グラナイトグレイ

Yodobashi
購入当時は当日お届けだったのでヨドバシドットコムでついポチったけれど、2015/1/11現在は在庫切れみたい。
Amazon Acer C720 Chromebook クロームブック (Intel Celeron 1.4GHz/2GB/SSD16GB/11.6inch/Chrome OS/Granite Gray) 並行輸入品
とかにいけばどっかの業者から購入できるっぽい。

用途

奥さん向けにちょうどいいPCを探していた。(今まで俺のお下がりの Vaio Duo 11 を使っていたが、死ぬほど不評だった。。)
奥さんがやること:ネット巡回(要 Flash )、多少の画像編集(リサイズ程度)、Twitter
Skype は最近まれにしか使ってないみたいだったし、Twitter クライアントさえ乗り換えに成功すれば、この3万の Chromebook で十分じゃないかなあという予想だった。ただし、解像度は若干不安要素。
まあ物は試しってことで、当日手に入るんなら、、ということでポチった。

とりあえず自分で触ってみた

届いて触ってすぐのツイートから引用。

触ってみた印象としては、「 Chrome ブラウザでできることは全部できる。できないことは何もできない。おわり」みたいな感じ。ブラウザで出来ないことを成約としてどこまで許容できるかという、当たり前の話に落ち着くのであった。あとちょっと Acer のやつは解像度低いかな。

まあ当然分かっていたことを、再確認した感じ。
基本的にはすべてカタログスペック通り、という印象は今でも変わらず。(そもそも自分では、初日以来ほぼ触ってないんだけど)
一つ不満点を追記するなら、ファンクションキーがF5リロードとかF7カタカナ変換とかで普通に使えるのだけど、それがキートップに書かれていないことか。
どれがFnなのかわからない。同様に、スクリーンショットもショートカットで取れるんだけど、これまたキーには書かれてないのでわからない。
一応ヘルプを出すショートカットがあるけど、そもそもそのヘルプを出すショートカットがわからない。
まあググれば解決するけれども、そこはキーボードを見ればある程度わかるようにしてほしかったところである。

で、奥さんに渡してみた

結果:普通に使えた
うちの奥さんは Gmail アカウントも持っていて、普段使いのブラウザも Chrome なので、
「これはブラウザでできることしかできないので、そこは我慢して使ってください」と一言添えて渡したら、
一応理解した様子でサクサク使いこなしていた。(最初のログインやらデスクトップの使い方とかは教えたが)
ネット巡回はたまに解像度に難があるものの、時にはサイズを縮小してがんばって見ているようだし、
画像のリサイズくらいなら Chrome アプリでなくてもOSの標準機能で可能のようだ。
Twitter クライアントもまあ、ブラウザ上で動くのを適当に使っているみたい。
以下、渡したその日のツイートから引用。

というわけで、Googleアカウント持ってて、パソコン開いたらChromeでブラウジングしかしませーんって人になら普通に渡せると思う。IEしか使ったことないです! って人にはこわい……が、逆にいけるのかもしれん。。

まあブラウジングするだけなら iPad でもいいのだが、マウスとキーボードを使いたい人や、Flashが必要な場合にはいいんじゃないだろうか。
ただし、つい最近も「zipが解凍できないー」とヘルプデスクを頼まれて、zip 解凍する Chrome アプリを入れてあげたりしたので、リテラシーのある人のサポートはそれなりに必要になると思われる。Chrome アプリって英語の場合が多いし。(ちなみに zip の中身が日本語ファイルだったので思いっきり文字化けしていた)

まとめ

Chromebook によって何が出来て、何が出来ないかが解っている、もしくは調べれば解る人をそばに置いた上で、キーボードとマウスでブラウジングがメインな人に渡すPCとしてはちょうどいい。他機種は知らないけど、俺が購入したやつは解像度が少し低いので、そこは注意。
一方で、「パソコンでいつも使ってるあのソフトがないとダメなの!」って人(特に Skype はできない)とかは普通に Windows ノートを買うべきだし、
リモートでしかサポート出来ない相手(実家のおかんとか)に渡すのはちょっとこわい。Hangout で画面共有しながらなら出来るかもしれないが、まず Hangout に辿り着けるかが大変である。
奥さんには深くインタビューしてないけど、個人的にはこれが3万なら(今日現在においては)コスパがいい買い物に思えるので、そこそこ満足している。