My Boardgames

Last Updated: 2014/12/25
ボードゲームと言いつつカードゲームが多いけれど。
ゲーム内容等の解説はリンク先のいろんなサイトにお任せ。評価の★は完全に個人の独断と偏見により5段階でつけてみた。

多人数向け(6人~)

少人数でも遊べるけど、最低6人くらいは居たほうが楽しめるゲーム。

アップルトゥアップル ★★★

言葉遊びゲーム。身内ネタで遊ぶとわりと楽しい。がんばれば一人でも遊べる。

テレストレーション ★★★★★


お絵かき伝言ゲーム。多人数で遊ぶときの鉄板。これで面白くなかったことがない。

ブラックストーリーズ ★★★


推理ゲーム? お題を出すひとがカードを読み上げるだけなので、お茶や食事中にでも遊べて便利。突飛なお題がわりとあったりするのはご愛嬌。

ワンナイト人狼 ★★


一回吊るだけで終わる人狼。普通の人狼をやりすぎている人には物足りないので、うちではあまり遊ばない。

 超高校級の人狼 ★★


ダンガンロンパ版の人狼。
数年前に遊んだけれど、普通の人狼に慣れていると処理がややこしくてシステムエラーを頻発した思い出しかない。

中人数向け(3~5人)

赤ずきんは眠らない ★★


簡単な心理的駆け引きゲーム。お手軽でカードのイラストが可愛い。すぐに決着が着いてしまうので、ゲームとしては若干物足りなさが残る。

アグリコラ ★★★★

アグリコラ 日本語版 パッケージ
他記事でも紹介してる農場運営ゲーム。一人でも遊べて結構楽しい。5人だともっと楽しくてハマる人は死ぬほどハマる。慣れていても1.5~2時間はかかってしまうのが一番の難点。インストしながらだと5時間かかったこともある。

カタン+拡張(6人用) ★★★

カタンの開拓者(Mayfair版):箱
定番の島開拓ゲーム。調べてみたら1995年発売だった。20年選手すげえ。定番なので当然面白いけれど、個人的にはやりすぎて若干飽き気味。あと5-6人用の拡張はいまいち。

カルカソンヌ(10周年記念版) ★★★


タイルを置いて街を作るゲーム。記念版は箱がミープルの形をしていて可愛い。これも定番なので面白さは保証済。

ドミニオン ★★

ドミニオン日本語版:箱
あんまり好きじゃない。

ハゲタカのえじき ★★★


心理駆け引きゲームと見せかけて、カウンティングが超重要なゲーム。序盤に差がつくと終盤の逆転が厳しいゲーム展開になることもあって、そのあたりのバランスが若干微妙。

犯人は踊る ★★★


3-8人とあるけど、あまり大人数で遊ぶとゲームやってる感がいまいちなのでここに。
犯人を見つける推理ゲームというよりは、タイトルどおりに犯人が踊りまくってあっちこっち行き来するゲーム。かなりの運ゲーだけどそれなりに面白い。

 ひつじとどろぼう 未プレイ

パッケージ箱 白背景
最近ひつじゲーム多いっすね。ゲームマーケットで目をつけていたので購入。
そのうち遊びたい。

少人数向け(1~2人)

アグリコラ:牧場の動物たち+牧場にもっと建物を(拡張) ★★


二人用アグリコラ。今調べたらさらに拡張が出てるっぽい。そんなにプレイしたわけじゃないけれど、アグリコラのテイストが薄まりすぎていて、アグリコラ好きには物足りないかな。動物を集めるのは楽しい。

ローゼンケーニッヒ ★★★

ローゼンケーニッヒ(缶箱版):箱
ゲーム内容のうまい簡潔な説明が思いつかない。。陣取りゲーム? コンポーネントが綺麗で好き。

シェフィ ★★★★

1人用カードゲーム「シェフィ」が16日に発売。1匹の羊を1000匹に増やそう
一人用のカードゲーム。作成者は絶対的人狼を作ったステッパーズ・ストップの人と言えば人狼界隈なら知っている人もいるかもしれない。
運次第なところもあるけど、難易度が高くてこれが結構楽しい。ソリティアとかフリーセルみたいなもんなので、スマホアプリで出れば結構ウケるんじゃないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です